Loading
秋が旬「さつまいも・アボカド・玉ねぎ」が激マズになるNG保存法

まだまだ暑い日が続きますが、暦の上では立秋を過ぎているのでもう秋です。秋といえば、美味しい食材が出回る季節なので、今から楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。 しかし、いくら美味しい食材でも保存方法を間違えると、栄養も風味も台無しになってしまいます。 そこで今回は、秋に旬を迎える人気食材のNG保存方法について、お話していきたいと思います。 ■1:さつまいも 【特徴】 腸の蠕動運動を促進し、便秘解消に効果を発揮するヤラピンという成分を含むさつまいも。それだけではなく、さつまいものビタミンCは火を通しても壊れにくいというところも、女性にとって嬉しい美容食ですよね。 【保存方法】 さつまいもは寒さに弱いので、冷蔵庫に入れないでください。また、暑さにも強いとはいえないので、新聞紙に包んで日の当たらない場所で保存しましょう。 【美味しいさつまいもの見分け方】 ・皮が濃い紅色をしている(皮に黒い斑点があるものは、傷んでいる可能性が高い) ・ふっくらとした丸みと、ずっしりとした重さがある ・切り口に蜜が染み出しているものは、甘い証拠 ■2:アボカド 【特徴】 “森のバター”と呼ばれるクリーミーな果物のアボカドには、肌老化を防ぐビタミンEや美肌効果があるビタミンB群、コレステロール値を下げてくれるリノール酸、オレイン酸が含まれています。さまざまな食材と相性が良いので、料理に取り入れやすいのも特徴です。 【保存方法】
強いきずながうまれそうなとっておきの婚約記念写真

野外での写真撮影を行う予定をしている時に一番気になるのはお天気。結婚式の前撮りなど記念写真のための撮影日って、その当日に決めるのではなく前もって日取りを決めるため、どんなお天気になるかってのはなかなか via. roomie
強いきずながうまれそうなとっておきの婚約記念写真

野外での写真撮影を行う予定をしている時に一番気になるのはお天気。結婚式の前撮りなど記念写真のための撮影日って、その当日に決めるのではなく前もって日取りを決めるため、どんなお天気になるかってのはなかなか via. roomie

秋の準備はOK?かくしオーラのズル盛りであなたも「エビちゃん顔」に

暑い日が続きますが、8月も下旬。お盆をすぎたら秋のメークとファッションに衣替えして、モード気分を楽しみたいですよね。この秋の旬顔は、どの角度から見てもオーラがゆらめく最愛のうるみ目! 理想はそう、エビちゃんです。

そこで今回は、ちょっとした小技でかわいく差をつける”ズルビューメソッド”をご紹介します。この秋の旬メークで”エビちゃん顔”になれてしまう2種類のアイメーク術をマスターしましょう。

■上品フェミニンなグラデーション・レディオーラ

濃いめのブラウンアイライナーを選び、まつげの間を埋めるようにラインを描きます。目尻は白目の終わり部分から8ミリほど長めの部分までラインを引きましょう。

次にアイカラーです。大げさすぎない、細かいパール感の入ったものをチョイスします。肌馴染みの良いスキンニュアンスのある、ベージュとカーキが入ったパレットがお勧めです。

アイホール全体にベージュを広げ…

View On WordPress

チョコのLEGOブロック、できあがるまでつまみ食いしないでいられるかな?

ん?もしかしてこのLEGOブロック…そう、チョコレート製で、たべることができてしまうのです。 この、おもちゃともお菓子とも呼べる一品は、デザイン、イラストレーションなどの領域で活動している水内章裕氏が via. roomie
こんな保育園で遊びたいな

タイ、バンコクの建築デザイン会社 PLAN Architectが設計した保育園が素敵です。 限られた空間で自由に遊べる様に。そして子供達の想像力を掻き立てる空間に。 そんな思いが込められたこの保 via. roomie
ネズミのジェリーのおうちに住むのが夢だったんだ

猫とネズミが仲良くケンカするアニメ、トムとジェリー。子どもの頃大好きだった人もたくさんいるんじゃないでしょうか。 なかでも作中でなかなか全貌が見られない、ジェリーのお家。あの小さな入口はどんな空間に繋 via. roomie
デザインのつまった、頼れる防災キットをおうちに置こう

近年、防災グッズを準備しなくちゃ!と感じている人も多いと思います。 ただ家の片隅に置いておくにもデザインがちょっと…なんて思っている方に朗報です。 デザイン事務所「NOSIGER(ノザイナー)」と仙 via. roomie

retaW Bathroom Set

As part of its ever-expanding lineup of fragrances and bodycare products, retaWhas released a fresh and unique set of items for one of the most important rooms in one’s home — the bathroom. Among them is a Fragrance Body Gel and Fragrance Body Shampoo duo in the Japanese brand’s new mint-and-citrus ISLEY scent, along with the all-in-one Fragrance Hair CondiShampoo in the floral ALLEN or…

View On WordPress

1
女性の老化を促進する「クーラー病」から凍える体を守る対策10個

冷房が効いた部屋に長時間いることで、体調に支障をきたしてしまう“クーラー病”と呼ばれる症状。クーラー病は自律神経のバランスを乱し、体調不良を招き、肌老化が促進する可能性も……。 また、エアコンで体が冷えること自体も問題です。血行が悪くなりむくみやすく、代謝も落ちるので太りやすくもなってしまいます。 そこで今回は、女性に多いクーラー病から身を守る方法を10個ご紹介します。 ■自宅でのクーラー病対策 (1)朝食を食べる 人は寝ている間は体温が低く、起床とともに少しずつ上昇します。朝食を食べないと体温が上昇しにくくなってしまうので、より体が冷えやすくなってしまいます。朝食は毎日食べることをおすすめします。 (2)直接風が当たらないように風向調節 直接風が当たると、皮膚表面から体温がどんどん奪われ、より冷えやすくなってしまいます。直接当たらないように風向を調節することが大切です。 (3)冷房ではなく“除湿”を選ぶ 実は意外にも冷房を入れなくても、“除湿”モードを選択して室内の湿度を下げるだけで、ムシッと感が軽減され十分涼しく感じます。冷房を入れる前に、まずは除湿を試してみてください。 (4)ぬるめのお湯に浸かって副交感神経を優位に 一日冷房が効いたオフィスにいると自律神経のバランスが乱れ、寝つきが悪くなってしまいます。夜は、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで冷えた体も温まり、副交感神経が優位になるので寝つきもよく、質のよい睡眠が取れます。 ■オフィスでのクーラー病対策 (5)カーディガンやストールなどを羽織る スーツの男性に合わせた温度設定がされているオフィスでは、どうしても女性は肌寒く感じてしまいます。カーディガンやストールなど、すぐに羽織れるものを準備しておくとよいです。 (6)“首”がつくところを温める